■プロフィール

シ*ノωノ)バ

Author:シ*ノωノ)バ

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
致死的退屈症とトマトソースの中のシュム=シュム・グミラスティクム
ヴァニラさんとこで「二分間の冒険」という題名を目にして
「うわ、なっつかしっ」ってなったのと
数年ぶりにネバーエンディング・ストーリー観て(深夜に映画やってた)テンション上がったので、
児童書の話がしたくなりました。
ブーン系関係ないけどいいよね? 答えは聞いてない






二分間の冒険

ヴァニラさんが面白いっていってたやつ。

ジャンル的には剣と魔法のファンタジーです。
「竜に支配された世界」「いけにえの少女」「選ばれた者だけが抜ける剣」出てくるワードそんなんばっかり。
ところが、主人公はついさっきまで体育館で作業していた、ごく普通の日本の小学生。

つまりはかなりステレオタイプな「突然異世界に放り込まれる系」話なんですが、
なんでとげぬき拾っただけでそんな事に!? という処からはじまり、
さらには一旦めくったカードを再び引っくり返すような展開もあり、
当時はかなり目新しく感じました。

コンパクトにまとまっているのでするっと読めます。
同じ姿のキャラクターが多いせいか、一人二役の演劇っぽいなという印象も。





ルドルフとイッパイアッテナ

たぶん原作よりもNHKのアニメというか、朗読劇? の方が馴染み深いって人が多いのでは。

ひょんな事から生まれた街を遠く離れ見知らぬ土地に来てしまった若猫ルドルフ。
そこで出会った巨大なトラ猫『イッパイアッテナ』に、野良としての生き方や、文字の読み書きなどを教わって、ルドルフは少しずつ成長していく。いつか、飼い主の元へ帰れる日は来るのだろうかと思いながら。

対象年齢は低めなのになぜか漂うおっさん臭。だがそれがいい。
猫の目線で見た世界は、深く考えさせられる部分もあり、しかし適度にバカっぽく、
時に泥臭く、時に熱く友情やそれぞれの過去が描かれていきます。
続編の「ルドルフともだちひとりだち」もおすすめ。





ダレン・シャン

外伝含む全13巻からなるダーク・ファンタジーシリーズ。
映画化(観てないけど)、漫画化もされてます。

主人公のダレンは蜘蛛が好きで少し変わってはいるが普通の少年。
だがふとした事から決して近寄ってはいけない領域に足を踏み入れてしまい、
親友の命を危険に晒してしまった事から、ヴァンパイアと取引きする道を選び、やがて闇の世界の壮絶な運命に翻弄されていく。

児童書でありながらダークというだけあってまあえげつないシーンが多いです
なめてかかると「もうやめてぇぇ……orz」ってなります。俺はなりました。
ネタバレ避けて最後まで感情移入しまくって読んだので、全巻揃ってんだけど、もうおいそれと読み返せません。泣いちゃうからです。マジで。





モモ

エンデなら「はてしない物語」も勿論好きなんだけどこっちもおすすめ。
円形劇場跡でひとり暮らす不思議な少女・モモが、「灰色の男たち」によって奪われた
人々の「時間」を取り戻す物語。

大人が読むのであれば、文明社会から隔絶された純粋な存在が、何かにつけて時間がない、忙しい、と時計の針で金を数える現代人に、本来真に大切なことは何かを思い出させ――とか、そういう小難しい見方をしてもいいんですが、
ここは童心に返ってただひたすら健気に孤軍奮闘するモモを応援したい。

はてしない~に比べると口当たりは軽めですが、
時間の国での出来事や、子供らが遺跡で遊ぶ描写が本当に美しく、じっくり眺めるように読めるので、かなり満足感が得られる一冊。





他にも定番の佐藤さとるやクレヨン王国シリーズも語りたい処ですが、
ま、このくらいで。

クレヨン王国は昔アニメ化したからそっち方面でも知名度高いかな。下衆な話12妖怪の結婚式とかもアニメ化したら相当ブヒれると思う




ブーン系関係ない、と最初に書いちゃったけど、そうでもないかもしれません。
今現在俺が書いている文章の何割かは、
確実に子供の頃読んだ物語の欠片で構成されているからです。


たとえば……食べ物をできるだけ美味しそうに書きたい! という意気込みとかww


単に俺が食い意地張ってるだけかもしんないけど
でも実際に口にできない分、物語に登場する食べ物って印象に残るじゃないですか。
みんな大好きジブリ飯とか。
ルドルフシリーズの食事シーンなんて、孤独のグルメや、カイジの焼き鳥はぐはぐに通じるものすら感じられるからね。すき焼きとかうなぎとか食いたくてしょうがなくなる。猫のくせにいいもん食ってんなあいつら。



ところで、この記事書いてる時にたまたま、ほんとに偶然知ったんですけど、
ルドルフシリーズの新刊「ルドルフとスノーホワイト」がなんと10月に出るんだそうです。

へぇー。
えっ新刊?

「イッパイアッテナ」から25年、前作「いくねこくるねこ」から10年ぶりの新作だそうです。
ワーオ。




未分類 | 21:40:16 | Trackback(0) | Comments(2)
サイト更新したぜぇ?

ワイルドに更新のお知らせするぜぇ?

絵の方に単発絵を数点と
パパはここにいるのイラスト
あとSSの方短編の方にレプリカとアンティーク保管したんだぜぇ?

ワイルドだろう~?
(言わなくても判ると思いますが、ワイルドスギちゃんが好きです)





はい四月馬鹿ぶり。久しぶり。
あまりブログ更新してませんが大体元気に死んでます。

あと最近、ちょっと無尽蔵に増やしすぎて人の領分を侵すようになってきた家の本どもを仕分けて整理しています。

あれだね草いきれじゃないけど、本もたくさんあると酸欠になるね。
静かにしまってあるだけならあいつらも大人しいんだけど
バタバタ掃除だの整頓だのしてると、なんつーか、無言の自己主張が多すぎて酔うわ。
図書館ってなんか空気薄いじゃん。あんな感じ。

とりあえず100冊ほど処分することにしましたがあんまり減ったように見えません。
ちなみに普段しまってある本を動かすたびに思うんですが
虫と埃はこの世から滅ぶといいと思います。
ヒメマルカツオブシムシが俺の許可なく俺の本の尻で脱皮してキモイ抜け殻残しやがるのでキレそうです。
そして筋肉痛。内腿バキバキ。あと腰痛。助けて。



ブログ・サイトの事とか | 23:05:50 | Trackback(0) | Comments(0)
山ちゃんはガキの使いをやめへんでー!【エイプリルフール終了のお知らせ】

はいそんな訳で無事終了いたしました
お疲れ様でした


今年も期待に違わずガチ! ksmsさんと田助さんの気合の入り方はガチ。
あと終了間近に丸い部屋さんのゲームに気づいてふおおおとなりながら落としたものの
一生クリアできる気がしない
カーマ・スートラとか古典はともかくエロゲやらないもの(いやカーマ・スートラもどうかと思うが)


僕もジョイナスくんが思う存分描けて楽しかったです
いや、本当に、作者さんに怒られなかったのだけが救いです、ホントすいませんでした
ネタとかじゃなくジョイナスくんが好きなんです
愛が暴走したんです



あと久しぶりにサイトいじったついでにそのうち最近のやつ収納するわ



ブログ・サイトの事とか | 00:14:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コウシンリレキ

てな感じであなたが大好きって誰かが思ってるサイト更新のお知らせです。
脊髄で文字を打つ癖はそろそろ改めたいと思う。


えーとSSは先日の七夕企画のやつとGWのラノベ企画のやつ、
絵は早く人間になりたいようですなどです

保管とか久しぶりすぎて
何をどこでかいたのか正直かなり忘れてました
そういう情報込みで保管するためのサイトだったのにね
まあいいや


保管庫更新の罠

:ファンアートのページにまとめを貼っている内につい読み返したくなっちゃって作業が進まない
:7×さんはレスありまとめなのでふとした折に何年も前の自分の書き込みが目に入ってビビる
:暑いので溶ける



ブログ・サイトの事とか | 00:31:38 | Trackback(0) | Comments(0)
ねた☆ばれ

はいそんな訳で僕が書いたのは「七月七日、快晴。のようです」でした。


正直前回の七夕企画でネタ出し切っちゃった感があってどうしようか悩んでたんだけど
締め切り直前になんとなく形になってきたんで
大急ぎで書き上げてまあどうにか。

楽しかったです、芸さん乙でした。




続きを読む >>
ブーン系小説 | 00:48:52 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。